淵野辺ふれあい農園・6月の作業

だぁ~!

ほんとに梅雨ですか?これ!

カンカン照りの中、畑に行ってきました。

玉ねぎが終わった所を耕して日光消毒するのと、もろもろ収穫です。

収穫、楽しみだ~(^^v

 

ナス!黒光りしてます。いいね~!

トマトも香ってますね~。

湿った土の臭いと混じって、この臭い嫌されます(^人^)感謝♪

赤って目を引きますよね。

人にとって赤ってすごく特別な色なんです。

赤い服を着ただけでも、運動能力が上がったり、ポジティブになったり、自信に繋がったりと様々な効果があるんです。

そう言えば運動会って紅組の方が勝率高くないですか?

少なくとも地元の桜大小学校は赤が強いようです。

サッカーの統計でも、赤いユニフォームのチームの勝率が高いっていう統計があるんですよね。

野球で言うと、広島カープ・・・か・・・あれ?

いやでも今は強いですしね。

一説によると、ビタミンCを体内で作れなくなった人間は野菜からビタミンCを摂取するために赤を認識する能力が高まったなんて話もありますね。

本当は現代人もビタミンCを作る仕組みは持っているらしいのですが、それが機能しないようになっているらしいですよ。

ビタミンCは体内でブドウ糖から作るのですが、脳が大きくなった人間はブドウ糖をビタミンCにするよりもそのまま脳のエネルギーに使うようになったらしいですね。

なので、ビタミンCを作らなくなったと、言う話なのですが。

と言うか、突然変異でビタミンCを作らなくなった人類は脳が発達して生き残り、ビタミンCを作り続けた人類は脳が発達しなかったために絶滅した、と言うのが正しいのかも知れませんね。

脳が発達した人類の中から、赤を見分けられる人類が生き残ったのか、それとも脳が発達したから皆が赤を認識できるようになったのか・・・

なんて事を考え始めたらエンドレスになるので止め!

でも、進化とか突然変異って、同時多発的に起こるよなー。

ほら、日本人が100メートル9秒台で走れそうになると・・・

って、だから止め!

なんか大地を感じながら、余計な事を考えてました^^;

ちょっと早いかなと思ったけど、明日は来れないから収穫です。

真っ赤なトマト。小さい方の二つは直後に食べてしまいました。

のどが渇いたところにトマト!これは旨いですね。

キュウリとナスとトマト、いんげんを大量に収穫しました^^

さ、帰っておすそ分けだ ヾ(@^∇^@)

 

 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
昔の味たまご農場は、ここ相模原市で昭和30年代から養鶏場を営んで参りました。
少しずつお取引先も増え、多くの料理人からも認められるようになりました。
また多くの自然食品のお店でも販売して頂いております。
瞬間的に美味しい卵を作るのは簡単ですが、作り続けるのは簡単ではありません。
美味しいだけでなく、安定感のある品質が多くのシェフ、料理人から愛される理由の一つです。
お中元・お歳暮・ご贈答に ”もらった人に喜ばれる昔の味たまご” はいかがですか?
プロの料理人もお取り寄せ!昔の味たまごのご注文は昔の味たまごの通販ページよりどうぞ!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です