【ピータンの作り方】鶏の卵で作るピータン研究中1

昔の味たまごでピータンを作りたい!
鶏の卵でピータンの自作は成功するのか?
続・鶏の卵でピータンの自作は成功するのか?
の続きです。

 

近頃、仕事が終わるとピータンについて調べる日が続いています(≧∀≦)
気になる話を見つけました。
黄丹粉(一酸化鉛)を添加すると、茶色く固まった卵白が溶け出さないらしい。
ん?と言う事は、黄丹粉を入れないと卵白が溶けるの?
確かめたくて、あれから漬け込みを続けている卵を割って見ました。

 

昔の味たまごで作るピータン

 

ほんとだ!溶けてるヽ(゚Д゚;)ノ!!
漬け込めば固まると思ってたのに、思惑が大外れでした。
卵黄もずいぶんと変化して、かなりやばい色ですね。
でも試食(笑)

 

・・・

 

( ̄・ ̄

 

・・・

 

うを!Σ(゜◇゜

アンモニア!

 

舌がしびれるほどのアンモニアです。
スーッとする虫刺されの薬を口にしたような感覚です(笑)
卵黄がしっかり固まったピータンはアンモニアを抜いてから食べるのが良いですね。

あ、でも後味うまいわ(笑)
新たな実験も進行中!

続き鶏の卵で作るピータン研究中2
 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
昔の味たまご農場は、ここ相模原市で昭和30年代から養鶏場を営んで参りました。
少しずつお取引先も増え、多くの料理人からも認められるようになりました。
また多くの自然食品のお店でも販売して頂いております。
瞬間的に美味しい卵を作るのは簡単ですが、作り続けるのは簡単ではありません。
美味しいだけでなく、安定感のある品質が多くのシェフ、料理人から愛される理由の一つです。
お中元・お歳暮・ご贈答に ”もらった人に喜ばれる昔の味たまご” はいかがですか?
プロの料理人もお取り寄せ!昔の味たまごのご注文は昔の味たまごの通販ページよりどうぞ!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です