kotei_topimg02

1.餌にこだわる

最良の素材を最良のバランスで配合した特別な資料を与えています。
原料の60%をしめるトウモロコシはもちろん非遺伝子組み換え組み換え(NON-GM)で、収穫後に消毒をしない、ポストハーベストフリー(PHF)のトウモロコシです。

2.水にこだわる

地下40メートルからくみ上げた天然水を与えています。
汲みにくるお客様もいるほど美味しい!!
水質検査も年一回行っています。

3.環境にこだわる

生産管理と衛星管理に徹底することで、安心、安価で安定した品質のたまごをご提供しています。
また私たちは周りの環境へ還元することができる、鶏糞を使った「堆肥」も開発しています!

4.安全と安心にこだわる

サルモネラ検査は二ヶ月に一度。
100項目以上の残留農薬検査も行っております。



初産卵ってご存知ですか?

安産祈願の縁起物

初産卵とは、昔の味たまご農場にやってきた鶏が初めて産む、小さなたまごのことです。
当農場では雛を育てません。農場とは別に雛屋さんがいます。当農場では、たまごを産み始める二週間程度前の雛を購入し、養鶏場で産み始めるのを待ちます。

この二週間。ちょっと考えるとたまごを産まない鶏に餌をやるのは無駄に思えますが、でもその期間がとても重要なのです。
雛屋さんで育てられた鶏は当然、当農場の餌とは違う餌を食べています。もうお分かりでしょうか、この二週間ほどの期間は、昔の味たまごを産ませる為のものなのです。
こういった事情のため、あまり一般には出回らず、当農場でも一部のお客さんが知っている程度です。

初産卵の特徴は、まず大きさが小さいこと。
そして大きさの割には黄身が多く、白身がゼリーのようにしっかりしていることです。若い鶏が産む卵は卵白に含まれるたんぱく質の含有量が多いのです。
あくまでも主観ですが、味はその小さい殻の中に凝縮されている感じで、甘みがあります。実をいうと我々も楽しみにしているんですよ。
初物の縁起物として、また、若い鶏はたまごをコロコロと良く産むことから安産を願うものとしても重宝されています。


左がLサイズ、右が初産卵です。この中に強い命が詰まっています。

kotei_image02
左がLサイズ、右が初産卵です。
Lサイズのたまごでも十分白身がしっかりしていますが、初産卵の方が白身がぷるっとしているような印象です。