卵を良くしたい!生産管理、衛生管理の取り組み。

こんにちは昔の味たまごです。
1月26日にヒナが入るので、ここしばらく鶏舎の清掃や修繕に取り組んでいました。
いつもの作業にプラスして、少しでも卵を良くしたいと思って始めたのがこの作業です。

鶏舎画像

餌どいのつなぎ部分をコーキング剤で埋めています。
これの狙いですが、このつなぎ部分の隙間に餌の食べかすや汚れなどが入り込むのを防ぐため。
となりの鶏が入っているケージのつなぎを外して見ます。

鶏舎画像

やはり食べかすが少し入っています。
これを鶏が口にするわけではありませんので心配はいりませんが、なんか気持ち悪いですね。
これで卵が良くなる訳ではありませんが、少しでも良くしようとする気持ちは大事だと思います。
それと、お客さんの前に出る時には、自分はちゃんとやってると言う記憶は大事だったりします。

 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
昔の味たまご農場は、ここ相模原市で昭和30年代から養鶏場を営んで参りました。
少しずつお取引先も増え、多くの料理人からも認められるようになりました。
また多くの自然食品のお店でも販売して頂いております。
瞬間的に美味しい卵を作るのは簡単ですが、作り続けるのは簡単ではありません。
美味しいだけでなく、安定感のある品質が多くのシェフ、料理人から愛される理由の一つです。
お中元・お歳暮・ご贈答に ”もらった人に喜ばれる昔の味たまご” はいかがですか?
プロの料理人もお取り寄せ!昔の味たまごのご注文は昔の味たまごの通販ページよりどうぞ!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。