たまご屋どんべえより2021年末のご挨拶

そうそう、えんとつ町のプペルのDVDゲットしました^^

卵屋、今年の振り返りと来年への意気込み

皆さんの2021年はいかがでしたか?

昔の味たまご農場の2021年は、まだコロナの影響も引きずっておりかなり刺激的な一年でした。

というか世の中が様変わりしましたよね。

時代が大きく動くときは、ひずみが生じて隙間が生まれ、その隙間を埋めるように新しい産業が生まれたり、恩恵を受けたりババを引いたりするのだそうです。

昔の味たまご農場は飲食店のお客様が多いので影響は大きかったです。

大きくひずみ、そして新しい形に生まれ変わろうとしています。

2021年は(有)昔の味たまご農場をどのように成長させていくかを模索する年でした。

いくつかの選択肢があって、どの選択肢もいつでも選べるよう段取りをしていたのですが、つい先日選ぶべき選択肢が明確になりました。

こういうときって偶然が重なって、必然的に選ぶべき道が決まったりしますよね。

私は2017年からマーケティングを学びなおしているのですが、マーケティングを運転技術と例えるなら、ビジネスモデルは車だと感じています。

運転技術(マーケティング)が上達すれば、乗れる車(ビジネスモデル)も増えるようなところもあって、そうすると会社を成長させるための選択肢も増えます。

2022年は昔の味たまご農場のビジネスモデルを生まれ変わらせる年になりそうです。

そしてより深く学びたいと思うのですが、いずれインプットとアウトプットのどっちを優先するか問題にぶち当たりそうです。

私はまだ酒を飲む余裕があるので、まずはそこをインプットに回すことが出来ます。まだ限界は来なさそう。

とにかく2022年もそこそこ痛みを伴う年になりそうですが頑張ります!

そして週末は馴染みのホルモンまさで、ふにゃふにゃに溶けてやろうと思います(笑)

皆様の2022年がより良い年になる事を切に願っております!

どうぞ良いお年をお迎えください。

たまご屋どんべえが毎年続けている元旦の大山も、いよいよ13年目です

さて、次回のブログ更新は新年早々です!

貧乏な養鶏農家に休みはないんです。

せっかく朝から元旦の静かな空気を吸えるのだからと、毎年欠かさず元旦の朝に大山を撮影しています。

なんと今のところ12年連続で晴れなんです。

ご興味があれば元旦の大山をご覧ください^^

ではまた1月1日に更新しますね!

初回限定

昔の味たまごなら、安全で安定感のある品質の、美味しい卵をお取り寄せできます。

昔の味たまご農場は、ここ相模原市で昭和30年代から養鶏場を営んで参りました。 少しずつお取引先も増え、多くの料理人からも認められるようになりました。 また多くの自然食品のお店でも販売して頂いております。 瞬間的に美味しい卵を作るのは簡単ですが、作り続けるのは簡単ではありません。 美味しいだけでなく、安定感のある品質が多くのシェフ、料理人から愛される理由の一つです。

美味しいたまごの通販ならお任せください!

お中元・お歳暮・ご贈答に ”もらった人に喜ばれる昔の味たまご” はいかがですか? プロの料理人もお取り寄せ!昔の味たまごのご注文は昔の味たまごの通販ページよりどうぞ!

昔の味たまごオンラインショップバナー