早戸川国際マス釣り場・リヴァスポット早戸~相模原市ってこんなとこです~

いつもありがとうございます。昔の味たまご農場の田中こと、どんべえです。
ここどこだか分かりますか?

 

卵屋の釣り日記・リヴァスポット早戸

ここは、旧津久井町にあった管理釣り場、早戸川国際マス釣り場・リヴァスポット早戸です。

現在は津久井と相模原は吸収合併して、相模原市緑区鳥屋となっています。

近くには津久井湖、相模湖、相模湖プレジャーフォレストなどがあり、観光や遊びに出かけるのにもとても良い地域です。
それはそうと、昨日(6月22日金曜日)午後から時間が取れそうだったので、リヴァスポット早戸(早戸川国際マス釣り場)へ遊びに出かけました^^
昔からよく通った管理釣り場です。
釣りって実は、普段からの用意がけっこう必要なんですね。
情報収集とか、普段からコンスタントに釣り場に立って得られる情報とか感覚とか、そんな事です。
パッと行ってパッと釣れる事もありますが、一日の釣行計画を立てられないまま現場に行っても、何もできなくてつまらないんですよ。
でも、なかなか時間ってないですよね。そんな時間が取れない中でも、ちょっと投げるにはちょうどいいんですよね、ここは。
パッと行ってパッと釣れる。とは言えスレっからしの魚ばかりで、日中はなかなか当たりも遠いですけどね。

そうそう、思い出した!むかし友達が、スプーンのフックを外して、フライをトレーラーにして爆釣してました。
なんか邪道な気がして私はやらなかったのですが、今となってはスタイルより釣果。今度やってみよ。
あーそうか、フローティングミノーのお尻のフックを外して使えば浮き替わりにもなるのか。
したら、ほんとのフライ見たいにドリフトさせることも出来るわけか・・・あ~いいな、この仕掛け。

この日はルアーを投げに行きましたが、餌釣りの専用エリアもあって、そっちも良く利用します。
私は餌釣りをやる時はゼロ釣法と言って、ごくごく繊細な仕掛けを好んでいたのですが、最近すっかり老眼で(笑)0.3号通しの仕掛けを作るのが限界です。
いや~遊びの話になると言葉が出てくる出てくる。マニアックな話で申し訳ないです^^;

 

早戸川国際マス釣り場・リヴァスポット早戸への道中

ここは結構な山奥なので、途中はこんな緑が豊かな林道を通っていきます。

この道を走るだけでも最高の気分ですね。

 

昔はここの看板も無かったのですが、親切になりました。

初めて行った時はなんの目印も無くて不安になったんですよね。

ここまで来たらもう目と鼻の先です。

いよいよですよ!

 

はい!到着です!

お!手前のご主人が早速ヒットですね^^

ちなみにこの釣り方は「テンカラ」と言います。

毛バリ釣りなのですが、西洋のフライフィッシングと違うのは竿一本糸一本で、遠くまで仕掛けを飛ばしたりは出来ません。

仕掛けが単純な分、取り回しは楽でスピード感ありますね。

お!こちらのご夫婦は奥さんが釣った見たいですね。奥さんは針を外すのが怖いようでご主人が取ってあげてました。

これはルアーフィッシングですね。何を使ってるのか確認したかったのですが、見えませんでした。

結果を出してる人の真似をするのは非常に大切なんですよ。

 

相変わらず水も綺麗です。

ここは宮ケ瀬ダムへ流れ込んでいる川、つまりダムより上流になるので、ダムの影響で水かさが減ったり濁りが出たりと言う悪影響はありません。

二十年前と変わらず綺麗です。

 

今度は私の番です^^

ルアーをとっかえひっかえしてやっと釣れました。

1グラムの小さい緑色と白のスプーンでヒットです。

なかなか釣れない。やっぱりスレてますね^^;

 

ニジマスです。どのくらい?23センチくらいかな?

何度も釣られてるんでしょうね。ヒレは怪我してるし口は針のキズ痕だらけ。

リリースするなら、バーブレスと言って返しの付いてない針を使ってあげると、魚の負担も少ないんですよ。

もしくは責任もって食ってやる!

この日でなくてもっと前ですが、娘と一緒に釣った魚を捌いて食べました。

そんな事も大切なんじゃないかと思います。

 

卵屋からのお知らせ

ほんの二時間半でしたが、楽しかった^^

夕やけも綺麗で、またおいでって言われてる気がしますね。

それじゃあ、皆さんも機会があったら早戸川国際マス釣り場・リヴァスポット早戸へ、ぜひ!

バーベキュー場や食堂も完備されてるのでご家族で楽しめますよ^^

 

で、終わってはいけないですね^^;

都内、横浜方面から来られるお客様へ。

国道16号から早戸川国際マス釣り場・リヴァスポット早戸を目指すのであれば、昔の味たまご農場のすぐ近くを通ります。

もしくは圏央道、相模原愛川インターチェンジで降りて頂けると、直売所まで大変近くなっています。

お時間がありましたら、ぜひお寄り下さい。

昔の味たまご農場直売所アクセス

 

そうそう、なんで国際マス釣り場なのかと言うと、戦後の進駐軍の娯楽施設として作られたからなんですって。

そう言えば、ここだけでなく国際マス釣り場って名付けらてるところけっこう見ますよね。上の理由に由来するんでしょうね。

早戸川国際マス釣り場・リヴァスポット早戸ウェブサイト

駐車場は余裕があるので安心です。

 

卵屋、唯一の得意料理

家族4人分の魚を持ち帰り、唐揚げにしました^^

上から3匹目の魚はニジマスではないですね~。

サクラマスっぽいな。

でも、サクラマスはヤマメが海へ下ったものを言うのですよね、川にも居るのかな?

ヤマメとニジマスの混血かな?誰か分かる方がいたら、教えて下さい

ちなみに川魚は塩を振って一晩干すと、とても美味しくなります。

干し網は釣具屋さんで安く売ってますので、一つあると便利ですよ^^

初回限定

昔の味たまごなら、安全で安定感のある品質の、美味しい卵をお取り寄せできます。

昔の味たまご農場は、ここ相模原市で昭和30年代から養鶏場を営んで参りました。 少しずつお取引先も増え、多くの料理人からも認められるようになりました。 また多くの自然食品のお店でも販売して頂いております。 瞬間的に美味しい卵を作るのは簡単ですが、作り続けるのは簡単ではありません。 美味しいだけでなく、安定感のある品質が多くのシェフ、料理人から愛される理由の一つです。

美味しいたまごの通販ならお任せください!

お中元・お歳暮・ご贈答に ”もらった人に喜ばれる昔の味たまご” はいかがですか? プロの料理人もお取り寄せ!昔の味たまごのご注文は昔の味たまごの通販ページよりどうぞ!

昔の味たまごオンラインショップバナー