2018年11月11日相模原市農業まつりに参加します!

過去の農業まつりでの一枚。
忙しすぎて様子がおかしくなってます(笑)

 

卵屋in相模原市農業まつり

今年も農業まつりに参加させて頂きます!

毎年やらせて頂いているたまご焼き今年はメニューを増やして見ました^^

全部で3種類です^^

いままではカスタード一種類だったのですが、ご要望の多いあんこと、私どんべえが大好きなチョコレートクリームを追加しました。

たまご焼きと言うネーミングはカスタードを使った時のみなので、品名も白い今川焼としました。

チョコレートが本気で旨いんです。

あんこは2個づつ買うとチョーお得。

 

ほら旨そうでしょう?

カカオの風味たっぷりで甘さは控えめな大人味になってます。

完全に自分の好みで作ってます^^

 

こんな絞り袋で6本用意しました。

冷凍保存して出番を待ってます。

 

去年の相模原市農業まつりの様子

相模原市農業まつりご行われる淵野辺公園には、こんな立派な野球場があります。

晴天に恵まれる事の多いこのお祭りは2017年も晴天の朝で始まりました。

 

朝早くから農家さん達が野菜を沢山積んでやって来て、準備に大忙しです。

新鮮野菜の直売は、このお祭りの目玉になってます。

鮮度が良くて安いんだから嬉しいですよね^^

 

徐々に人が多くなってきて、会場も熱が上がってきます!

 

畜産農家が寄り集まって始めたこのお祭りなので、今でも牛や、豚、たまごの品評会が行われています。

父の話ですが、始まった当初は、畜産農家の交流会と言った様相だったそうです。

牛の瞳に私の姿が写るほど近くで写真を撮りましたよ^^

人懐っこくて可愛いっす。

色々な動物たちとのふれあい体験もあります。

 

昔の味たまご農場が提供する白い今川焼も大人気

去年(2017年)は弟夫婦と姪っ子が手伝ってくれました^^

この子もすっかり女の子っぽくなったな~。

 

例年多くのお客様にお求め頂いています^^

今年はどうですかね?今から楽しみです!

 

 2018年相模原市農業まつり概要

平成30年11月11日(日) 午前9時15分から午後2時30まで
お問い合わせ 相模原市農政課 電話:042-769-8239
交通アクセス
(1)JR横浜線「淵野辺駅」から「青葉循環」バス(淵36・37系統)、「淵野辺公園」下車、徒歩1分。
(2)小田急線「相模大野駅」から「相模原駅(大野台経由)」行きバス(相05系統)、「淵野辺公園」下車、徒歩1分。
(3)JR横浜線「相模原駅」から「相模大野駅(大野台経由)」行きバス(相05系統)、「淵野辺公園」下車、徒歩1分。
※お車でのお越しも可能ですが毎年渋滞します。公共の交通機関をご利用頂くのが便利かと思います。

初回限定

昔の味たまごなら、安全で安定感のある品質の、美味しい卵をお取り寄せできます。

昔の味たまご農場は、ここ相模原市で昭和30年代から養鶏場を営んで参りました。 少しずつお取引先も増え、多くの料理人からも認められるようになりました。 また多くの自然食品のお店でも販売して頂いております。 瞬間的に美味しい卵を作るのは簡単ですが、作り続けるのは簡単ではありません。 美味しいだけでなく、安定感のある品質が多くのシェフ、料理人から愛される理由の一つです。

美味しいたまごの通販ならお任せください!

お中元・お歳暮・ご贈答に ”もらった人に喜ばれる昔の味たまご” はいかがですか? プロの料理人もお取り寄せ!昔の味たまごのご注文は昔の味たまごの通販ページよりどうぞ!

昔の味たまごオンラインショップバナー