え?恐竜の卵?さあ!問題、これ何の卵だ?

上の写真の卵、なんの卵だと思います?

これ、実は鶏の卵なんです。

 

恐竜の卵じゃないよ。鶏の卵だよ。

ボディーチェック卵と言って、鶏の体の中で殻が形成される段階で一度割れてしまい、再び殻が形成されると、こんな凸凹な卵になります。

 

なぜ、こんな事が起こるのかと言うと、まずは下の図を見て下さい。

卵の殻の断面図です。かなり簡素化してますが^^;

実は卵の殻は二層になっています。

外側の殻を「海綿状層」。内側の殻を「乳頭層」と言います。

最初に乳頭層が作られるのですが、その段階で何らかの原因により、乳頭層が割れてしまう事があります。

割れて、いびつになってしまった乳頭層の上から、外側の海綿状層が形成されることで、こんな凸凹の殻になります。

長女にこれを見せたら「え?なんの卵?」ってやたら興奮してました。

うちの嫁さんも娘も気持ち悪がってましたけど、実は中身には何の問題もないんですよ^^

殻に問題があるので、生食は避けた方が無難ですが、私は生で食べてしまいます。

そもそも、売り物になる卵は自分では食べないのですよね(^^;

 

恐竜の卵(ボディーチェック卵)を茹でたらどうなるの?

ここでちょっと興味が!

これ、茹でたらどうなるの?

もしかして、意外と中身はつるっとしてたりして。

それとも、空の形のままのゆで卵になるの?

 

 

 

 

 

 

茹でました!

お~!からの形のままのゆで卵になりましたよ^^

 

当たり前と言えば、当たり前ですが、裏側も凸凹です。

 

黄身は普通ですね。

ちょっといびつなのは、うっかり茹で過ぎてしまい、破裂させてしまったからです^^;

いや~急に忙しくなってしまって、うっかりでした。

 

こんな感じで事務所のテーブルに置いていたら、皆さん興味があるようで、面白かったです。

一番面白かったのは、「え?これってもしかして恐竜の卵ですか?」って。

それ、いただきます!^^

 

 

初回限定

昔の味たまごなら、安全で安定感のある品質の、美味しい卵をお取り寄せできます。

昔の味たまご農場は、ここ相模原市で昭和30年代から養鶏場を営んで参りました。 少しずつお取引先も増え、多くの料理人からも認められるようになりました。 また多くの自然食品のお店でも販売して頂いております。 瞬間的に美味しい卵を作るのは簡単ですが、作り続けるのは簡単ではありません。 美味しいだけでなく、安定感のある品質が多くのシェフ、料理人から愛される理由の一つです。

美味しいたまごの通販ならお任せください!

お中元・お歳暮・ご贈答に ”もらった人に喜ばれる昔の味たまご” はいかがですか? プロの料理人もお取り寄せ!昔の味たまごのご注文は昔の味たまごの通販ページよりどうぞ!

昔の味たまごオンラインショップバナー