両国 江戸そば 炭火焼 元

両国 江戸そば 炭火焼 元様へご挨拶に行って来ました^^
さすが両国、横綱横丁なんて言う、魅力的な通りがありました。
当たり前なのだろうけど、普通にお相撲さんが歩いてるんですよね。
面白いな~。

 

卵屋、いざ両国へ!

2019年4月11日、この日はちょっと肌寒く冷たい風が強く吹いてましたが、こんなギラギラの日差しが降り注いでいました。

そう言えば、相模大野の伊勢丹もなくなってしまうんだよな~と思いながらパチリ。

 

相模大野から両国へ到着です。

これは改札を出て、右に歩いたところ。

知らない土地はワクワクしますね^^

で、この位置から後ろを振り向くと見えるのが、

江戸そば 炭火焼 元様です。

挨拶をさせて頂いたら、昔の味たまご通信をいつも読んでくださっているそうで、親しみを持って迎えて下さいました。

本当にありがとうございます!

 

店内はジャズが控えめに流れ、落ち着いた雰囲気です。

カウンターも綺麗で、とても清潔感のあるお店です。

実はここの大将、声が渋くて、いつもどんな方なのかと想像していました。

奥で背を向けている方がその方。

両国の蕎麦屋がとても似合う、めっちゃ渋い方でした^^

 

そばつゆを使った玉子焼

卵は玉子焼で使ってくださっているそうなので、先ずは玉子焼を注文です。

お~!これは旨そうです。黄色と白と緑の色彩も綺麗ですね^^

そばつゆをベースに味付けしているそうです。

優しい味付けが卵の味をとても生かしてくれていました。

これはぜひ食べて欲しいです。

で、これと一緒に頼んだのが、

日本酒です(^^

これがまた玉子焼の優しい甘さと良く合う!

 

鴨の肉も美味しい鴨せいろ

私は鴨せいろは滅多に注文しません。

なぜなら、鴨のお肉を食べるとがっかりするから。

鴨せいろの鴨肉って美味しかったことが無いんですよね。

でも鴨せいろを食べる事にしました。

何となく、ここの鴨せいろは旨いんじゃないかな~と言う予感がしてね。

 

蕎麦は手打ちの二八そばだそうです。

腰もあっていいですね。

そばつゆ無しでも旨かったです^^

 

そして、鴨の出汁がたっぷり出たつけ汁。

甘いつゆに鴨の油と出汁がたっぷり出ていて・・・

あ~、今も見てるだけでヨダレが(笑)

 

さて、美味しい蕎麦も食べ終えて、いざ鴨肉へ!

お~!柔らかい!いままで食べた鴨せいろとは違う!

大将に聞いたところ、いい鴨を仕入れているのだそうです。

初めて、最後まで鴨せいろを楽しめました^^

江戸そば 炭火焼 元様、両国へお寄りの祭は、ぜひご利用下さい。

 

 

初回限定

昔の味たまごなら、安全で安定感のある品質の、美味しい卵をお取り寄せできます。

昔の味たまご農場は、ここ相模原市で昭和30年代から養鶏場を営んで参りました。 少しずつお取引先も増え、多くの料理人からも認められるようになりました。 また多くの自然食品のお店でも販売して頂いております。 瞬間的に美味しい卵を作るのは簡単ですが、作り続けるのは簡単ではありません。 美味しいだけでなく、安定感のある品質が多くのシェフ、料理人から愛される理由の一つです。

美味しいたまごの通販ならお任せください!

お中元・お歳暮・ご贈答に ”もらった人に喜ばれる昔の味たまご” はいかがですか? プロの料理人もお取り寄せ!昔の味たまごのご注文は昔の味たまごの通販ページよりどうぞ!

昔の味たまごオンラインショップバナー