なに!?ボディーチェック卵だと?

↑は国立相模原病院納涼祭の様子です^^
お祭りのご報告は後ほど!

 

ボディーチェック卵とは?

ボディーチェック卵、聞きなれない言葉ですよね。

養鶏農家ですら、まず使いません。

これは一体なんだ?と言うと、卵の殻が生成される途中で一回割れてしまって、その上から殻が生成される卵のことを指します。

大まかに説明すると、以下のようなことです。

卵の殻は大きく分けると二つの層になっています。

卵殻膜に接しているのが乳頭層、その上に整形されるのが海面層といいます。

卵殻膜については、軟卵って何なん?で面白い写真がありますのでどうぞ。

ボディーチェック卵とは、乳頭層が整形される途中に一度割れてしまい、その上から海面層が整形された卵の事を言います。

表層の海面層は綺麗に形成されるので、見た目には分からないのですが、透光検査と言って強い光を当てるとスジが透けて見えます。

著しく症状が出る事もあって、下のこれはボディーチェック卵の症状が著しく表に表れた卵です。

普通は見た目には表れません。

殻がデコボコとしてますね。これはボディーチェック卵の症状が著しく出た例です。

3L、4Lなどの大きな卵で良く見られます。

ボディーチェック卵は日齢(鶏は年齢でなく日齢を目安に数えます)の経った老鶏に多く見られます。

大きい卵は老鶏が産むことが多いので、大きい卵でボディーチェック卵が多く見られるのかな?と思います。

若鶏は小さい卵を産む事が多くて、老鶏は大きな卵を産む事が多いのです。

「夏はMSなどの小ぶりな卵の方が美味しいですよ」

とお客様にお勧めするのも、夏の時期は若鶏の卵の方が品質が安定するからなんです。

鶏は体温が40度以上あって暑さに弱いのです。

涼しい季節は大きな卵も緩むことなくしっかりとするので、どのサイズも美味しいですね^^

また大きい卵は卵殻が薄いので、乳頭層が形成される途中に割れやすいのかなと思います。

大きい卵の殻が薄くなりがちなのは、卵が大きくなっても比例してカルシウムが増えないためです。

同じ分量のカルシムを薄く延ばすようなイメージですね。

ボディーチェック卵は、普通は出回ることはないのですが、ごく稀に出荷されてしまう事があります。

殻がいびつで「ぎょっ」としますが、中身には影響はないので、お手元に届いた時は珍しい卵が見れた!と思って頂ければと思います。

 

猛暑で卵が大きくなりません

今年の猛暑はほんとに異常です。

暑さに弱い鶏はすっかり食欲をなくしてしまい、餌を食べてくれないので卵が大きくなりません。

直売所のアイドルヨタロー君もこのありさまです。

これ、完全に事件現場ですよね?(笑)

遠くから見て、死んでるかと思ったもの。

ご興味がありましたら、昔の味たまご農場の暑さへの取り組みについてご覧ください。

 

卵屋が関わった今年の夏祭りをご紹介

まずは国立相模原病院の納涼祭です。

卵とプリンを販売させていただきました。

嫁さんとのツーショットです^^

祭好きな嫁さん、協力的で助かります。

プリンを買ってくれたスタッフさんを撮らせてもらいました。

ホームページに載せていい?と聞いたら、快くオッケーでーす!と言ってくれました。

みんな可愛いな~^^

お隣さんも楽しそうですね。現場は鉄火場です。

納涼祭のメインステージ。

院長先生率いるバンドの演奏が始まると、ドーン!と言う音とともに、キラキラした帯が舞い散ります。

院長が歌が上手いんですよ、また。

お祭りの最後は花火で終わります。

もうちょっとキレイな写真を載せたかったのですが、実力不足で撮れなかった~(´;ω;`)

 

さらに麻溝台ふるさと祭り

変わって、ふるさと祭りのご紹介です。

地元麻溝台のふるさと祭りでは毎年、白いモチモチ生地の今川焼を焼いてます。

150円と決して安くない価格ですが、600個以上を販売させて頂きました!

この生地のレシピ開発にはけっこう苦労があったのですが、それはまたの機会に。

もともと「たまご焼き」のために開発した生地です。

実は、これ焼いてるの嫁さんなんですよ。腕上げたな~(笑)

地元の土建屋さん、岩崎さんとのツーショット。

テンション上がって、おっさん二人で自撮りです(笑)

岩崎さんは毎年焼き鳥屋さん担当。

トリオヤジのTシャツは、鳥人間コンテストに出場した友人の手伝いに行った、そのチームTシャツだそうです。

祭の後は実家の庭で、大人は酒盛りしつつ子供たちは花火をしました。

もちろん、大人がちゃんとついてますよ。ご安心を。

こういう体験を通して地元を好きになってくれるといいですね。

ふるさと祭りが長く続くと嬉しいです。

初回限定

昔の味たまごなら、安全で安定感のある品質の、美味しい卵をお取り寄せできます。

昔の味たまご農場は、ここ相模原市で昭和30年代から養鶏場を営んで参りました。 少しずつお取引先も増え、多くの料理人からも認められるようになりました。 また多くの自然食品のお店でも販売して頂いております。 瞬間的に美味しい卵を作るのは簡単ですが、作り続けるのは簡単ではありません。 美味しいだけでなく、安定感のある品質が多くのシェフ、料理人から愛される理由の一つです。

美味しいたまごの通販ならお任せください!

お中元・お歳暮・ご贈答に ”もらった人に喜ばれる昔の味たまご” はいかがですか? プロの料理人もお取り寄せ!昔の味たまごのご注文は昔の味たまごの通販ページよりどうぞ!

昔の味たまごオンラインショップバナー