パプリカを器に卵のつぼ焼き

ども!どんべえです。写真は下の娘です。
2019年おださがロードフェスタに出展されていた、ふくろうカフェRapace(ラパーチェ)さんのブースでふくろうの手乗り体験をさせてもらいました。これは可愛いです^^

 

パプリカを使う、ちょっと変った卵焼。
普段はダッチオーブンで作ります。
それをトースターで作ってみました。
アウトドア好きの方はダッチオーブンでやってみてね。

まずは材料です。

大き目のパプリカ二つ。大きいほどいいです!

卵(Mサイズ)四つ。今回はLで作ったのですが、やはり多かった。けど作れるので、サイズは何でもオッケー!

チーズ(お好みのチーズでオッケー)

パセリ(お好みの香草でどうぞ~)

マヨネーズ(昔の味たまごのマヨネーズはマイルドでちょっとピリッと、美味しいですよ)

写真を忘れましたが、塩コショウも必要です。

 

大きくて座りの良いパプリカがベストなのですが、なかなか無いです。

ちょっとお知りをカットして、座りを良くしてやります。穴開くので、切りすぎ注意!

 

ヘタの方をカットして、パプリカを器のようにします。

中もキレイにしてください。

 

切ってあまったへたの方はみじん切りにします。

半々程度に分けてください。

 

そこへ、卵を投入!

 

そしてチーズをドバッ!と入れましょう^^

固形のチーズを入れるときは、細かくカットしてくださいね。

 

そしてパセリもドバッと!

バジルとか、お好みの香草でいいんじゃないでしょうか。

 

こんな感じです。

写真忘れたけど、塩コショウも適量入れてください。

 

そしてマヨネーズをスプーンで二杯ほど。

あると無いじゃ、焼き上がりがだいぶ違います。

よ~っくかき混ぜてください。

特に昔の味たまごは卵白が強いので^^

それにチーズがダマになってしまうので、かき混ぜは念入りに!

 

今回は下にお皿があるので、なみなみと注ぎましたが、こぼれるので九分目程度にしておくのが良いと思います。

 

行ってらっしゃい!

トースターは、180度で30分です。

お使いの機種や状況によって違うと思います。

25分ほどで、お箸で刺して中のやけ具合を見てください。

薄いお皿が無ければ、アルミホイルを下に敷いて、その上に乗せてください。

 

 

焼いてる間にスープ作りです。

パプリカに入りきらず余った液に、切り分けたパプリカを投入。

お湯を多めに入れて、そのまま火にかけます。

しばらくすると、卵やチーズが固まり始めて、そぼろのようになります。

後は塩コショウで味を調えたら、美味しいスープの出来上がり。

 

そうこうしている間に焼けました。

 

 

 

美味しそうでしょ?^^

トースターでは30分でしたが、ダッチオーブンなら、20分程度の加熱でいいですよ。

ぜひ、やってみてください。

 

初回限定

昔の味たまごなら、安全で安定感のある品質の、美味しい卵をお取り寄せできます。

昔の味たまご農場は、ここ相模原市で昭和30年代から養鶏場を営んで参りました。 少しずつお取引先も増え、多くの料理人からも認められるようになりました。 また多くの自然食品のお店でも販売して頂いております。 瞬間的に美味しい卵を作るのは簡単ですが、作り続けるのは簡単ではありません。 美味しいだけでなく、安定感のある品質が多くのシェフ、料理人から愛される理由の一つです。

美味しいたまごの通販ならお任せください!

お中元・お歳暮・ご贈答に ”もらった人に喜ばれる昔の味たまご” はいかがですか? プロの料理人もお取り寄せ!昔の味たまごのご注文は昔の味たまごの通販ページよりどうぞ!

昔の味たまごオンラインショップバナー