相模原公園・麻溝公園ふれあい動物広場にも春が来ましたよ

昔の味たまご農場どんべえです。
この鳥の名前しってます?正解は文末で^^

 

卵屋・相模原公園に春を探しに行って来ました

3月6日は啓蟄だったんですね。

私の母が愛犬の散歩中にカエルを見つけました。

暦って不思議ですね。

そんな春の訪れを耳にしたので、雨の中相模原公園とお隣の麻溝公園のふれあい動物広場へ行って来ましたよ。

 

 

相模原公園の桜も咲いていました。

雨に濡れてる桜もいいですね~^^

この桜はソメイヨシノではなく、アシガラザクラ(春めき)です。

その名の通り南足柄で作りだされたんですって。

ユートピア農園の代表でもある古屋富雄さんと言う方が作り出した桜だそうです。

相模原公園での開花はソメイヨシノよりも少し早いみたいですね。

クロッカス。綺麗な紫です^^

水仙ですね。ピンク、紫、黄色これぞ春って感じですね。

 

こんな噴水広場や

芝生の広場もあります。

とても広大な公園です。ぜひご利用ください。

詳しくは県立相模原公園よりどうぞ。

 

卵屋in麻溝公園動物広場

相模原公園に隣接する麻溝公園にはふれあい動物広場と言う施設があります。

無料で利用できる施設なのですが、ここが意外と面白いのでご紹介です!

無料だからと言って侮るなかれ、けっこう色んな動物がいるんですよ^^

 

リスざるです。

身体能力が半端なくて絶えず動き回ってるので、まともに撮るのに苦労しました。

 

リス。とても人なれしていて、目の前まで近づいても平気です。

 

モルモット。

係員さんが抱かせてくれました^^

 

ウサギ、めっちゃ可愛い。レンズが気になるみたいで、立ち上がってのぞき込んできました。

 

羊も人なつっこくて、ぐいぐい来ます(笑)

一緒にいるヤギも人懐っこかったです。

 

文鳥ですね。

バードゲージという大きい鳥かごの中に入れるのですが、じっとしてれば肩にとまるんじゃないかと思うほど近づけます。

私は職業柄、鳥インフルエンザが怖いですけどね^^;

 

これは面白いですよね。

筑紫鴨(ツクシガモ)と言うらしい。

これはオスで繁殖期の今だけこんな綺麗な羽根色になるそうです。奇跡のような色ですよね。

 

で、これが金鶏(きんけい)です。これぞ奇跡の色合い!

鶏の仲間ではなく、キジの仲間なんですって。

金の卵とか産んじゃうの?なんて期待してたのに、ちょっとがっかり。

この鳥もオスの方が綺麗なんですよ。

 

ふれあい動物広場ではポニーにも乗れます。

ポニー乗馬場の利用時間です。

4月から9月まで
午前10時から11時30分まで
午後1時30分から2時30分まで
午後3時30分から4時30分まで
10月から3月まで
午前10時から11時30分まで
午後1時30分から3時30分まで

相模原公園と合わせてご利用いただければ、一日遊べますよ^^

詳しくは麻溝公園よりどうぞ。

 

遊んだ帰りは、たまご街道へ!

昔の味たまご農場も含め、たまご街道は相模原公園のすぐ近くに位置します。

ぜひお寄り下さいね^^

 

 

初回限定

昔の味たまごなら、安全で安定感のある品質の、美味しい卵をお取り寄せできます。

昔の味たまご農場は、ここ相模原市で昭和30年代から養鶏場を営んで参りました。 少しずつお取引先も増え、多くの料理人からも認められるようになりました。 また多くの自然食品のお店でも販売して頂いております。 瞬間的に美味しい卵を作るのは簡単ですが、作り続けるのは簡単ではありません。 美味しいだけでなく、安定感のある品質が多くのシェフ、料理人から愛される理由の一つです。

美味しいたまごの通販ならお任せください!

お中元・お歳暮・ご贈答に ”もらった人に喜ばれる昔の味たまご” はいかがですか? プロの料理人もお取り寄せ!昔の味たまごのご注文は昔の味たまごの通販ページよりどうぞ!

昔の味たまごオンラインショップバナー