4か月経った卵を食べてみた結果・・・

さってと、昼飯何食べようかな?

ん?こんなところに卵入れたの誰だ?

 

・・・

 

あ!思い出した! ∑(゚◇゚///)

 

夏に入れたヤツだ!∑(゚◇゚///)

そうだった、そうだった。

2か月経ったら割ってみて、

「ほらこんなに鮮度を保ってます!卵ってすごいですね~」

と言う実験をお見せする予定で冷蔵庫にしまった卵を、11月22日までうっかり忘れると言う、八兵衛的な失敗をやってしまった^^;

2か月までなら実験済みだったのですが、4か月はちょっとドキドキしますね。

では、早速割ってみましょうか。

・・・

お?

お~?

 

生みたてとは言わないけど、予想以上にしっかりしてないですか?

匂いは?

・・・

あ~、何ともないですね。美味しそうな香りしてますよ^^

これ、4か月経ってますけど、絶対に生で食べられますよ。ほんとに。

卵かけご飯にしましょう!(^0^

 

あ~!

お釜がからになってる!(;^;)

仕方ない、生で飲んでも良かったんですが、写真にしづらいのでピザに乗せて食べることにします。

 

今日の昼ごはん^^

バジルソースのピザに先ほどの卵をトッピングしました。

 

うん、美味しい (´^ω^`)

卵かけご飯を食べたかったのですが、美味しかったので良しとしましょう!

 

卵の賞味期限について

卵は見た目と匂いに異常がなければ、問題なく食べられます。

私は二か月経ったものは生で食べた事がありますが、生みたての卵と比べてもそん色なく美味しかったです。

もちろん、おなかが痛くなる事もありませんでした。

日本での卵の賞味期限は3週間ほどとなっています。

当農場では2週間を目安に設定しています。

生食で食べる習慣のない海外では3か月以上賞味期限がある国もあります。

「賞味期限が過ぎたから捨てました」と言う声を時々耳にするのですが、卵はそんなに簡単に悪くなりません。

賞味期限は生食を保証するものです。

それを過ぎても過熱していただければ問題ありませんので、簡単に捨てずに召し上がって頂けましたらと思います。

 

人間だって動物です。

たまには数字に頼らず、五感を駆使して食べ物が大丈夫か判断するのも良いかもしれませんね^^

そう言えば、子供の頃ってカビの生えたパンを、カビだけむしって平気で食べてたな。

虫が食べた野菜も平気で食べてたし、ザ・田舎の子供ですね(笑)

 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
昔の味たまご農場は、ここ相模原市で昭和30年代から養鶏場を営んで参りました。
少しずつお取引先も増え、多くの料理人からも認められるようになりました。
また多くの自然食品のお店でも販売して頂いております。
瞬間的に美味しい卵を作るのは簡単ですが、作り続けるのは簡単ではありません。
美味しいだけでなく、安定感のある品質が多くのシェフ、料理人から愛される理由の一つです。
お中元・お歳暮・ご贈答に ”もらった人に喜ばれる昔の味たまご” はいかがですか?
プロの料理人もお取り寄せ!昔の味たまごのご注文は昔の味たまごの通販ページよりどうぞ!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・